おたみ

ギャグ漫画を描いてます。

駅のホームでの意外な喧嘩。

「ふざけんじゃねーぞ!バカヤロー」 「ナメてんじゃねーぞ!コラァ」 数年前の冬の 深夜の駅のホーム。 若者が怒鳴っていた。 近くにいた僕と 中年サラリーマンたち…

おたみ
1年前

友人が親友になった日。

僕は友達と居酒屋で飲んでいた。 その友達は中学時代の同級生で、 性格は優しくてイイ奴なのだが、 会話のつまんなさから 「ハミング」と呼ばれていた。 そう。 …

おたみ
2年前

優しかった小学校の友達。

「国語の教科書見せて」と、頼んだら 快く「自分で書いてる国語のノート」を貸してくれたモッサン。 モッサンは小学校の同級生。 当時の僕は「お前は芥川龍之介か」…

おたみ
2年前

美大生に訪れる決着。

「部屋でもいいから描けよ」 直輝君は座椅子に深く腰掛けながら 僕に言った。 どうやら僕が大学の講義にも 校舎に隣接されたアトリエにも出ないで バイトばかりやっ…

おたみ
2年前

無職中年と中学生の闘い。

僕はコンビニで 漫画雑誌を眺めていた。 購入するお金は持っていない。 なので、表紙だけを目で撫で 流行りの漫画タイトル、絵柄等 「まさに表面」という限られた情報…

おたみ
3年前

夏とグラスの水泡。

友達の文也はパチスロが大好き。 「数時間で10万勝ったぜ」 と僕にファンフーレのような電話をくれて、 安居酒屋でお酒を奢ってくれる。 飲むビールは僕にとって…

おたみ
3年前